肌トラブルの主要因と対策


肌の吹出物(大人ニキビ)・肌のカサつき(乾燥肌)・湿疹(皮膚炎)といった肌荒れ等の皮膚の疾患の原因には下記のようなモノがあります。
 

①栄養不足

②DNAの損傷

③腸内環境の悪化

④外部要因(菌類や異物の付着)
 

栄養不足

これはご存知の人も多いでしょうが、肌の構成には十分な栄養が必要不可欠です。

授乳中に肌トラブルがおこるとよく耳にしますが、その理由は赤ちゃんに母乳をあげるからです。

授乳中の母親は赤ちゃんに母乳をあげるためにどうしても栄養不足になりがちで、それが原因で肌トラブルはもちろん、それ以外のトラブルにもなりやすいのです。

ですので、そういったトラブルを解消するために特に授乳中の母親は十分に栄養を摂取する事が大事です。
 

以下の栄養素が肌質をよくしたり肌の構成に必要な栄養素ですので、こういった栄養素を積極的に摂取するようにしましょう。
 

・亜鉛(牡蠣、豚レバー、豚肉、牛肉、イワシ、パルメザンチーズ等)

・ビタミンA(レバー類、生クリーム、卵黄、イクラ、ニンジン、カボチャ、ニラ等)

・ビタミンC(ピーマン、レモン、キウイ、めんたいこ、イチゴ等)

・ビタミンE(アボガド、ハマチ、カボチャ、赤ピーマン、アーモンド等)

・タンパク質(肉・魚・卵・豆類等)

・コラーゲン(鶏軟骨、フカヒレ、豚足等)

・エラスチン(手羽先、軟骨、牛すじ肉等)

・鉄分(ヒジキ、卵黄、レバー類、納豆、ホウレンソウ、コマツナ等)

・イソフラボン(豆腐・納豆・きな粉等の大豆加工食品)

・レシチン(豆腐等の大豆加工食品、卵黄、ピーナッツ等)

・水分
 

DNA(遺伝子)の損傷


これはご存知ない人が多くて、あまりピンとこないかもしれませんが、実は肌の老化にはこれが強く関係しております。

そもそも「DNA(遺伝子)とは何?」とか「それと肌トラブルがどう関係あるのか?」と思う人が多いと思いますので、それを説明していきます。

DNA(遺伝子)というのは簡単に言いますと、非常に精密にプログラムされた生物の設計図のようなものであり、肌に限定した話をすると、肌(皮膚)を正常に構成する機能を有しております。
 

※参考サイト : 肌トラブルとDNA(遺伝子)損傷の関係
 

つまり、このDNA(遺伝子)が損傷しているかぎりは、いくら肌の構成に必要な栄養素を摂取しても肌の老化が解消されにくいのです。

ちなみに、このDNA(遺伝子)の損傷を修復するためには核酸という栄養素の摂取が有効ですが、この核酸は普段の食事からもなかなか摂取しにくく(核酸が多量に入っている食品が少ないため)、特に授乳中の母親はこの核酸が不足しがちになりやすいので(赤ちゃんにあげる母乳にはこの核酸がたくさん入っているため)、授乳中の母親はどうしても肌トラブルに遭遇しやすいのです。

ですので、ミネラル・コラーゲン・ビタミンといった肌の構成に必要な栄養素を摂取しても一向に肌トラブルが解消されないという場合はこの核酸という栄養素を摂取するようにしましょう。

ミネラル・コラーゲン・ビタミン等と核酸とでは核酸の方が普段の食事からは摂取しにくいので、個人的には先にこの核酸の摂取からはじめた方がいいと思っております。

また、核酸は疲労感や体のダルさの解消にも効果的ですので、それを強く感じている方はそれの対策の意味もこめて、核酸を摂取するようにするといいでしょう。

⇒ 核酸を多くふくんでいる食材


 

腸内環境の悪化


先ほど解説した遺伝子の損傷と同様にこれもあまりピンとこないが多いかもしれませんが、実は肌と腸内環境は大きく関係しており、また、産後や授乳中は腸内環境が悪化しやすい傾向があります。

といいますのも、産後・授乳中は 育児でストレスをうけたり、育児におわれる事で自身の食事がおろそかになってしまう(食生活がみだれる)傾向があったり、母乳を乳児にあげる事によって母親自身が栄養不足になりやすい 傾向があるからです。

ですので、産後・授乳中に肌トラブルがヒドくなったという方やそこではじめて肌トラブルに遭遇してしまったという方はこの腸内環境の改善も視野に入れましょう。

⇒ 腸内環境が悪化する要因とその改善方法


 

④外部要因(菌類や異物の付着)

菌などの異物が皮膚に付着する事でその異物を外部に追放しようとして、かゆみが生じます。

水虫がその代表でしょう。

この場合はその異物を除去する事でこれらの症状を改善させる事ができます。
 

ちなみに水虫は薬で治す事が一般的とされてますが、実は薬よりも安価な方法で治す方法があります。

その詳細は コチラのページ をご覧ください。
 

.

ダイエットに関する記事とダイエットの大原則

■ 摂取カロリー量を上手におさえる

■ 基礎代謝量をふやして、消費カロリー量をふやす

■ 新陳代謝量をふやして、消費カロリー量をふやす

■ 筋肉トレーニングにおける注意点やその後の行動

■ 大腰筋の筋肉トレーニング

■ ふとももの筋肉トレーニング(空気椅子)
 

まず、当然だといえば、当然ですが、ダイエット成功の大原則として下記のような図式を構築する事が必須となってきます。

摂取カロリー量 < 消費カロリー量

逆に言えば、なぜ、太ってしまうのかと言うと、「摂取カロリー量 > 消費カロリー量」というような図式になってしまうからです。

という事で具体的に「無駄な摂取カロリー量をへらす方法」と「消費カロリー量をふやす方法」をみていきましょう。

ちなみに消費カロリー量をふやすためには「基礎代謝量」と「新陳代謝量」をあげる事が重要となってきます。

⇒ 無駄な摂取カロリー量をへらすには…

⇒ 基礎代謝量をふやして、消費カロリー量をふやす

⇒ 新陳代謝量をふやして、消費カロリー量をふやす

肌のたるみ・シワの原因

動画版の記事はコチラ ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=SACo1vYvUcY
 

肌のたるみ・シワの直接的な要因はコラーゲン等の肌を弾力を保持する物質の生成力が低下する事や肌の水分保持機能が低下する事等がありますが、このように肌をちゃんと維持する力が低下してしまう原因としてあげられるのは下記のようなものです。
 

・DNA(遺伝子)の損傷

・腸内環境の悪化

・女性ホルモンの減少

・栄養不足
 

スポンサーリンク





 

活性酸素等によるDNAの損傷

DNAは機械でいうところの設計図やプログラムに該当し、各細胞内に存在します。
 

肌に限定した話をすれば、肌細胞内に存在するDNAは肌を正常に構成するという機能を有しております。
 

肌細胞内のDNAが活性酸素等によって損傷する事でターンオーバー(新陳代謝)に異常がでて、それがおそくなったり、肌のコラーゲンをつくる力が低下したりする等して、肌を正常に構成するという機能に異常が生じてしまいます。

その結果、肌の保湿力や肌の弾力が低下し、シワや肌のたるみにつながるのです。
 

「紫外線が肌を老化させる」という話はわりと有名かもしれませんが、これも結局いきつく所はこのDNAの損傷です(正確にいうと、「紫外線が活性酸素を発生させ、その活性酸素がDNAを損傷させる」という仕組です)。
 

※参考サイト : 肌トラブルとDNA損傷の関係
 

ちなみに、その遺伝子(DNA)の損傷を修復する方法としては核酸という栄養素の摂取が現時点ではもっとも有力視されております。

⇒ 核酸を多くふくむ食材とは…

 

スポンサーリンク


 

腸内環境の悪化

これもあまりピンとはこないかもしれませんが、肌のたるみ・シワの原因の1つに腸内環境の悪化(腸内での悪玉菌の過剰繁殖)があります。
 

肌のたるみ・シワの直接的な原因の1つに肌(皮膚)が水分保持機能(保湿機能)やコラーゲンの生成力等が低下した古い細胞におおわれるという事象がありますが、このように肌が本来排出されるハズの肌の正常な構成能力が低下した細胞におおわれてしまう要因は腸内環境の悪化によって肌の新陳代謝が正常になされなくなるからです。
 

※参考リンク先 : 肌トラブルと腸内環境の悪化の関係
 

ですので、肌のたるみやシワはもちろんですが、それ以外の肌トラブルをかかえてる方は腸内環境の改善も視野に入れた方がいいかもしれません。

⇒ 腸内環境を改善する方法とは…

 

女性ホルモン量の低下

女性ホルモンは肌の弾力を保持するコラーゲンやエラスチンや角質層のヒアルロン酸の生成にかかわっていて、この女性ホルモン量が減少する事でコラーゲン等の生成力が低下し、肌のハリやツヤ等がなくなってしまいます。
 

この女性ホルモンは20代から30代前半をピークにそこから減少しはじめますので、肌質の維持のために女性ホルモンを摂取したいところではありますが、残念ながら、女性ホルモンの量はふやす事はできません。
 

ですが、イソフラボンという女性ホルモンと化学構造が酷似しているモノが存在しますので、このイソフラボンを減少してしまった女性ホルモンの代役にしましょう。
 

栄養不足

すでにご存知だとは思いますが、栄養が不足すると、皮膚をきちんと構成できなくなってしまい、シワ等がでてきてしまいます。

特に コラーゲン・鉄分・ビタミンC・オメガ3脂肪酸といった栄養素の摂取はシワ等の対策には重要です。
 

■ コラーゲン…肌の弾力やうるおいに必須な栄養素であり、牛すじ・鶏皮・手羽先・豚足などに多くふくまれます。

■ 鉄分…皮膚でコラーゲンが生成される際に鉄分を必要とし、レバー、ひじき、プルーンなどに多くふくまれます。

■ ビタミンC…鉄分と同様に皮膚でのコラーゲン生成にビタミンCも必要とします。また、ビタミンCには過剰に発生した活性酸素をすばやく除去する効果もあります。
果物・野菜等に多くふくまれます。

■ オメガ3脂肪酸…これもコラーゲンやエラスチンの生成に必要な栄養素で、この栄養素はシャケ・マグロ・イワシ等の魚類に多くふくまれます。
 

スポンサーリンク


 

善玉菌のサプリメント・飲食品の紹介

こちらでは善玉菌を手軽に効率よく摂取できるサプリメントや飲食品を紹介していきたいと思います。

森下仁丹 ヘルスエイド ビフィーナS(スーパー)
森永乳業 生きて届く ビフィズス菌BB536 30日分

⇒ 口コミ・評判等

⇒ 実体験談
森永乳業 美&スマート ビフィズス菌B-3 30日分
恵 megumi ビフィズス菌SP株カプセルヨーグルト

⇒ 口コミ・評判等

⇒ 実体験談

 

核酸が主成分である健康食品・サプリメント

核酸を効果的に摂取するなら、サプリメント・健康食品での摂取が有効です。
 

これらの商品はタイプとしては大きくわけて、フォーデイズ核酸ドリンク水溶性核酸ドリンク「セルビー」等の液体状の物と濃縮DNA&RNA(核酸)等の粒状の物の2種類がありますが、一番安価であるのは「インシップ DNA&RNA(核酸) 300mg×90粒 30日分」か「【濃縮DNA&RNA(核酸)】 約1ヵ月分(90粒)」です。

ただ、何かしらの理由で液体状の商品がいいというのであれば、水溶性核酸ドリンク「セルビー」かフォーデイズ核酸ドリンクがいいでしょう。
 

ちなみに、フォーデイズの核酸ドリンクがこれらの健康食品の中で一番の売上をほこり、私も最初はこれから手をつけました(今は価格等の理由で別の商品を常習的に摂取しております)。
 

という事でここでは核酸が主にふくまれたサプリメント・健康食品を紹介していきます。
 

水溶性核酸ドリンク「セルビー」720ml
インシップ DNA&RNA(核酸) 300mg×90粒 30日分
【濃縮DNA&RNA(核酸)】 約1ヵ月分(90粒)

⇒ 実体験談

⇒ 口コミ・評判等

⇒ 実体験談
⇒ 口コミ・評判等

 

インシップ の「DNA&RNA(核酸) 300mg×90粒 30日分」の実体験談

核酸が主成分である健康食品ではもっとも安価な商品である「DNA&RNA(核酸) 300mg×90粒 30日分」を現在わたしはほぼ毎日摂取しております。

最初はフォーデイズの核酸ドリンクにしておりましたが、価格の問題でこちらに変更しました。

私自身が実際に摂取してみた体験談を記載しましたので、よければ、参考にしてください。
 

実際にインシップ 「DNA&RNA(核酸) 300mg×90粒 30日分」を購入・摂取してみました


 
味やニオイはちょっとクセがあるような感じがしますが、大体の人はそこまでは気にならないと思います。

この商品の摂取量は表面にも記載されておりますが、1日に3・4粒です。
 

この商品による自分自身への影響

私は最初はフォーデイズの核酸ドリンクを飲用していて、その時に さまざまな有益な変化 がでている状態でこっちに変更したので、何か大きな変化は特には感じませんでしたが、その時の色々な有益な効果(寝起のダルさや疲労感を以前より感じにくくなった等)はとぎれず持続しておりました。

ちなみに、この商品を友人・知人3名にあげて摂取してもらいましたが、「摂取後1週間以内に疲労感を感じにくくなった」とは言ってました。

ですので、原因不明の慢性的な疲労感になやんでる方にはこの類の商品はオススメかもしれません。
 

⇒ インシップ 「DNA&RNA(核酸) 300mg×90粒 30日分」の販売サイトはコチラ