大腰筋のトレーニング

大腰筋の量をふやす事はダイエットに有効であるだけでなく、姿勢の改善等にも有効です
 
また、大腰筋は人間をふくめた動物の筋肉の内部にある筋肉(深層筋)であり、この内部にあるという性質上 きたえても外見からはムキムキにみえにくい ので、「ムキムキしてるようになるのが嫌だ」という人には特にこの大腰筋のトレーニングはオススメです。

スポンサーリンク


 

まずは床にねそべってから、下記のような体勢をとります。

次に上記の画像のような体勢から腰をあげて、下記のような体勢をとります。

できる限界まで腰をあげます。

そして、その状態を7秒から10秒くらい維持します(もっと長時間できるなら、10秒以上継続してもかまいません)。

その後、腰をおろして、最初の画像の体勢にもどします。

この一連の動作を1回として、あとはそれを反復するだけです。
 

この部位に限定した事ではなく、すべての筋肉トレーニングでは実行する上で数点の注意点があります。

⇒ 筋トレ時における注意点をみる
 

これらの事をしないと、筋肉トレーニングの効果や消費カロリー量が低下したりしますので、是非その点をご覧ください。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る


コメントを残す