ニキビ菌(アクネ菌)の殺菌がオススメされぬ理由

動画版の記事はコチラ ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=6Tu36UCGKIA
 


結論から先にいいますと、アクネ菌の殺菌はニキビの炎症をおさえるための一時的な対策にすぎず、次回以降のニキビ発生をふせぐ根本的対策になりませんし、アクネ菌の激減により他の健康美容面での被害をうける可能性が高くなったりします。
 

なぜならば、アクネ菌は有害な菌やウイルス等から肌や体をまもっている菌(表皮常在菌)であり?、このアクネ菌を殺菌する事で他の有害な菌やウイルスから害をうける可能性が高くなりますし、アクネ菌は常在菌であるためにどんなに殺菌しても完全にいなくなる事はないからです。

実際に上記のような理由でアクネ菌を殺菌する薬はなるべく使用せぬ方がよいと主張する専門家もいるくらいです。
 

ですので、アクネ菌の殺菌はニキビの炎症がどうしてもツライという場合に実行し、その炎症が一時的におさまってる間にニキビ解消の根本的な対策(毛穴づまりの解消)をするという手法がいいでしょう。
 

参考リンク先: ニキビの原因
 

ニキビを解消する上で重要な事はこのアクネ菌を殺菌する事ではなく、アクネ菌の過剰繁殖をふせぐ事なのです。

そして、アクネ菌の過剰繁殖をふせぐためには毛穴のつまりを除去する事が必要です。

ただし、毛穴のつまりを除去するといっても思春期ニキビと大人ニキビとでは毛穴がつまる過程がちがってきますので、それぞれ個別に対策をしていく必要があります。
 

⇒ 思春期ニキビの原因とその対策

⇒ 大人ニキビの原因とその対策


 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す