老化の要因の1つである活性酸素の発生要因とその対策

意外に思うかもしれませんが、実は活性酸素は細菌やウイルスを撃退するために必要な存在であり、体内にとりこんだ酸素の2~3%は活性酸素になります(このくらいの量だと、大した害にはならない)。
 

ただ、この 活性酸素が過剰に発生すると、正常な細胞や遺伝子をも損傷(酸化)させ、体に様々なトラブルが生じてしまいます

スポンサーリンク


 

活性酸素が余計に発生する要因

・本来自然には存在せぬ化学物質や食品添加物の摂取
・睡眠不足等のみだれた生活習慣
・油分多き食事をした時
・喫煙をした時
・紫外線をあびた時
・強いストレス状態にある、その状態が続いている時
・放射線をあびた時

活性酸素の発生を抑制するためには可能なかぎり上記のような要因から遠ざかる事が重要です。

が、現実的にはこれらすべてから遠ざかる事はほぼ不可能でしょう。

ですので、余分な活性酸素への対策は上記以外の他の方法もかんがえる必要があります。

その代表的な方法が抗酸化(余計に発生した活性酸素の除去)力をたかめる事です。

抗酸化を高めるには…

元来人間の体内にはスーパーオキシドディスムターゼ(略してSOD)酵素という抗酸化力を有する酵素が存在します。
 

この酵素はビタミン(A・C・E)やミネラルが不足すると、生成されにくくなりますので、すこしでも抗酸化力を高めるためにもビタミンやミネラルは可能なかぎり摂取するようにした方がいいでしょう。

スポンサーリンク


 

あと、核酸という栄養素も抗酸化力を有していますし、核酸は抗酸化力だけではなく、酸化した遺伝子をもとの状態に修復する能力までも有しています
 

正直いいまして、当記事の最初の方に登場したような活性酸素をふやす要因がとても多いので、SOD酵素だけでは抗酸化の面では不完全です。
 

ですので、遺伝子の酸化までも修復する核酸は抗酸化をふくめた遺伝子の酸化の対策をかんがえるならば、非常に有益な栄養素です。

⇒ 核酸を多くふくむ食材とは…
 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す