花粉症の原因とその対策

花粉症とは 体内の免疫細胞が 本来は害悪でない花粉を「これは害悪だ」と誤認してしまい、その花粉を追放するために涙やくしゃみ等がでる症状であります。

その花粉症の直接的な原因は「免疫機能の異常化」(花粉に対しての免疫の過剰反応)ですが、その免疫機能が異常化する要因に「腸内環境の悪化」と「活性酸素の過剰発生」の2つがあります。

※花粉症と風邪の判別に困惑してる方が一定数いますので、両者のちがいをここで記述しておきますが、風邪の場合は鼻水や痰がうすい黄緑色で、花粉症の場合はそれらが透明色です。 といいますのも、鼻水や痰のうすい黄緑色は戦死した細菌や白血球の死骸であり、花粉症の鼻水や痰が透明色であるのはそれらの死骸が極端にすくなく、逆に水分が多くなるからです。

スポンサーリンク


 

腸内環境の悪化


この事はあまり認知されてないかもしれませんが、実は 腸には体全体の免疫細胞の6割以上が集中 しております。

そして、その腸内で毒素をだすウェルシュ菌や大腸菌等の悪玉菌が過剰に繁殖してしまうと、毒素が腸内に充満し(腸内環境が悪化し)、その結果免疫機能が異常化するのです。

ですので、悪化した腸内環境を改善するには悪玉菌の比率をへらしたり、悪玉菌の活動力を抑制する事等が必須事項です。

⇒ 腸内環境を改善する方法とは…

 

また、腸内環境の悪化は免疫機能の異常化だけではなく、アトピー等のカサカサ肌・湿疹やニキビの原因の1つにもなっております ので、それらの対策も考慮されている方は腸内環境の改善も視野に入れるようにましょう。

※ 参考サイト ⇒ 腸内環境の悪化と肌トラブルの関係


 

活性酸素の過剰発生

この事も皮膚科医の口から言われる事はすくないかもしれませんが、体内で 過剰に発生した活性酸素は体内の免疫システムを混乱させてしまいます

スポンサーリンク


 

活性酸素は本来は細菌やウイルスを撃退するために適量はかならず必要な存在でありますが、過剰にありますと、逆に体にさまざまな悪影響をおよぼしてしまいます

その一つが花粉症に直接的要因である「免疫システムの混乱・異常化」であります。

他に この活性酸素は細胞内に存在するDNA(遺伝子)を酸化・損傷させる事で生物の体の老化を促進させ、色々な病気や美容面でのトラブルを誘発させてしまいます。

ですので、そういった事をふせぐためには活性酸素を余計に発生させない事が重要になってきます。

※ 参考サイト ⇒ 活性酸素の発生をふせぐには…

ちなみに、核酸という栄養素にはそれを構成する数種の成分に活性酸素を除去する機能がありますし、また、この核酸には活性酸素によって異常化した免疫システムを正常にもどす機能もありますので、核酸の摂取はそれらの対策にはかなり効果的です。

くわえて、核酸は活性酸素によって 酸化・損傷したDNA(遺伝子)を修復する機能も有しており、それが原因である健康・美容面でのトラブル解決にも効果的 です。

⇒ 核酸を多くふくむ食材とは…


 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す