基礎代謝量の増加(筋肉量をふやす)


ダイエットに適した体をつくるためにはよりたくさんのカロリーを消費する体にする事が重要です。

そして、そのカロリーをよりたくさん消費する体をつくるには代謝量をふやす事が一番にあげられます。

代謝というのは基礎代謝と新陳代謝の2つがありますが、この記事では基礎代謝について解説していきたいと思います。
 

基礎代謝とは…

基礎代謝とは体温維持や心臓をはじめとする臓器の活動等の生命維持に必要不可欠なエネルギーで、何もせずにじっとしてるだけでも消費されます。

この生命活動で消費される最低限のエネルギーの量を基礎代謝量とよびます。

この基礎代謝の中で一番大きいのが筋肉です。

スポンサードリンク




ですので、筋肉トレーニングや運動をして、筋肉量をふやす事は基礎代謝量を上昇させるためには重要な事です
 

「筋肉量を1kgふやしても、13kcalしかふえないから、筋肉トレーニングはダイエットには効果がうすい」と説をとなえる人もいます。
 

たしかに、ただ、ねてるだけ等の安静時ではそのとおりです。
 

しかし、実際に我々が生活してる上で丸々一日中、安静状態でいる事はほとんどなく、かならず何かをして、体をうごかし、その時に筋肉をつかいます。

そして、体をうごかす時に消費されるカロリーも筋肉量が多い人と少ない人では前者の方が後者よりも大きいのです。
 

ですので、「生活していく上で丸々一日中、安静状態でいる事はほとんどない」「筋肉量が多ければ多いほど、体をうごかす時に消費されるカロリーは大きくなる」という事実を考慮すれば、筋肉量1kg増加しても消費カロリーは13kcalしかふえないという事はありません。
 

人や生活パターン等によってもことなりますが、多くの人の場合筋肉量が1kg増加すると、基礎代謝が50kcalほど増加するといわれています。

スポンサーリンク


 

基礎代謝量をあげるための効率的な筋肉トレーニング

純粋にダイエット目的で筋肉トレーニングをするのであれば、下半身の筋肉トレーニングがオススメです。

といいますのも、下半身には全筋肉の約70%が集中しているからです。

その下半身の中でも大腰筋とふとももの筋肉は筋肉量が大きいですので、それらの部位の筋肉トレーニング方法を紹介したいと思います。

⇒ 大腰筋のトレーニング

⇒ ふとももの筋肉トレーニング(空気椅子)
 

また、上記の部位をふくめたすべての筋肉トレーニングには共通する注意点等があり、これをしっておかないと、筋肉トレーニングの効果が低下してしまったりしてしまいますので、かならずそれにも目をとおしておきましょう。

⇒ 筋肉トレーニングにおける注意点等の詳細をみる
 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す