ダイエットに関する記事とダイエットの大原則

■ 摂取カロリー量を上手におさえる

■ 基礎代謝量をふやして、消費カロリー量をふやす

■ 新陳代謝量をふやして、消費カロリー量をふやす

■ 筋肉トレーニングにおける注意点やその後の行動

■ 大腰筋の筋肉トレーニング

■ ふとももの筋肉トレーニング(空気椅子)
 

まず、当然だといえば、当然ですが、ダイエット成功の大原則として下記のような図式を構築する事が必須となってきます。

摂取カロリー量 < 消費カロリー量

逆に言えば、なぜ、太ってしまうのかと言うと、「摂取カロリー量 > 消費カロリー量」というような図式になってしまうからです。

という事で具体的に「無駄な摂取カロリー量をへらす方法」と「消費カロリー量をふやす方法」をみていきましょう。

ちなみに消費カロリー量をふやすためには「基礎代謝量」と「新陳代謝量」をあげる事が重要となってきます。

⇒ 無駄な摂取カロリー量をへらすには…

⇒ 基礎代謝量をふやして、消費カロリー量をふやす

⇒ 新陳代謝量をふやして、消費カロリー量をふやす

Pocket
LINEで送る


コメントを残す