腸内環境を改善する方法とは…


腸内には大きくわけて、善玉菌と悪玉菌と日和見菌の3種類の細菌が存在します。

善玉菌は主に体の健康にとって有益な事をする菌で、代表的な物では乳酸菌・ビフィズス菌です。

悪玉菌は有毒物質を発生させる等して、主に健康にとって有害な事をする菌であり、代表的な物ではウェルシュ菌・ブドウ球菌・大腸菌があります。

そして、日和見菌は善玉菌・悪玉菌の優勢な方の味方をするという特徴をもちます。

ですので、腸内環境をよくするためには悪玉菌よりも善玉菌が優勢な環境をつくる必要があり、腸内細菌の理想の比率は「善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7」とされております。

※悪玉菌は体に有害な事をする事は事実だが、よい事もするので、完全に0にしてしまうのはNGである。
 

スポンサーリンク


 
この善玉菌が優勢で、悪玉菌が劣勢な状態をつくるためには悪玉菌をなるべく増殖させぬようにし、善玉菌をふやす事が重要なのですが、

そのためには下記の事をする事がポイントとなります。
 

① 善玉菌を直接とりこむ事

② 動物性タンパク質(肉・魚・卵等)・油・砂糖・アルコールを過剰に摂取しない事

③ 胃腸の活動をにぶらせない事

④ 悪玉菌のエサであるスナック菓子をなるべく摂取しない事

⑤ ストレスをなるだけうけぬようにする事

⑥ 善玉菌のエサである食物繊維やオリゴ糖を摂取する事

 

善玉菌を直接とりこむ


善玉菌を直接からだに入れて、その数をふやす事も立派な腸内環境をよくする方法です。

ぬか漬等の発酵食品や乳酸菌飲料には乳酸菌が入っていますし、ヨーグルトは種類によってはビフィズス菌が入っているので、これらを摂取する事で善玉菌を直接体内に入れる事も可能です。

ただ、善玉菌の直接摂取には欠点があります。

その欠点とは 善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に脆弱で、腸に到達するまでにその多数が死滅してしまう という点です。

ですので、とても善玉菌の直接摂取はオススメであるとは言いがたいです。

ですが、このような商品 でしたら、善玉菌がカプセル内に入っているために直接摂取よりも胃酸で死滅する事が激減し、善玉菌の大体を生存状態で腸内に到達させる事ができます。
 

これらを摂取する時の注意点としてはカプセルをかむ事なく、そのままのみこむ事です。

それをしてしまうと、善玉菌を胃酸等から防御するモノがなくなってしまいますからね。
 

実際に私も これら を摂取しはじめてから1週間程度で手等の湿疹や顔やお尻のできもの等が大幅に改善されました(この時はドンキホーテでの販売価格が税抜78円の この商品 を利用したので、それにかかったコストは「78円×1.08×7日 ≒ 税込約590円」)。

また、それをする以前は3月くらいになると、それなりの花粉症の症状になやまされてたのですが、それをしてからは花粉症の症状がかなり軽減しました(鼻水が少々でたりしますが、すくなくとも花粉症対策薬が必要なレベルではありません)。

下記の画像が手湿疹の改善前後の画像です。

善玉菌入カプセルの摂取前(左)、それの摂取から約1週間後(右)


 

スポンサーリンク


 

動物性タンパク質(肉・魚・卵等)・油・砂糖・アルコールを過剰に摂取しない

肉や魚等の動物性タンパク質は野菜よりも消化に時間がかかるために必然的に腸内に滞留する時間が長くなってしまいます。

ですので、それらを過剰に摂取してしまうと、消化される前に腸内で腐敗してしまい、その腐敗した肉や魚等が悪玉菌の栄養源になります。

油や砂糖も肉や魚ほどではありませんが、野菜よりも消化に時間がかかる傾向があり、腸内に滞留している間に悪玉菌の栄養源になりやすいので、これの過剰摂取も極力さけましょう。

少量のアルコールは胃腸の活動を活性化し、便を排出する力を上昇させたり、善玉菌をふやして、悪玉菌をおさえこむ効果がありますが、過剰に摂取した場合は逆に善玉菌の活動をにぶらせて、悪玉菌をおさえこむ事が困難になってしまいます。

 

胃腸の活動をにぶらせない


胃腸の活動がにぶると、摂取物の消化に時間がかかり、上述した理由から悪玉菌が発生しやすくなったり、便の排出力が低下して、毒素の排出がされにくくなり、その結果、腸内に毒素がたまりやすくなってしまいます。

胃腸の活動をにぶらせる要因としてはアルコールの過剰摂取や冷たい物の摂取があげられますので、こういった事は可能なかぎり回避しましょう。

 

悪玉菌のエサであるスナック菓子をなるべく摂取しない


「スナック菓子は体にはよくない」という話をきいた事がある人は多いとは思いますが、その理由は「スナック菓子は悪玉菌の大好物である」からです。

ですので、可能なかぎりスナック菓子の摂取回数をへらし、悪玉菌にエサをあたえぬようにしましょう。

 

ストレスをなるだけうけぬようにする

ストレスを感じると、善玉菌が減少してしまうという実験データがあり、また、腸で「カテコラミン」という神経伝達物質が大腸菌の増殖をうながします。

 

食物繊維やオリゴ糖を摂取する

食物繊維は善玉菌のエサになり、また、食物繊維そのものが、悪玉菌が生成した有毒物質を体外へ排出する機能を有しています。

オリゴ糖も食物繊維と同様に善玉菌のエサとなりやすい ので、善玉菌をふやすためには積極的に摂取していきたい栄養素です。

ちなみに、オリゴ糖は糖質ではありますが、砂糖などとちがって、虫歯にはなりにくい糖質ですので、オリゴ糖の摂取において虫歯の事はあまり心配する必要はありません。

オリゴ糖をたくさんふくむ食材…果物、野菜、豆類(具体的にはバナナ・大豆・インゲン・アスパラ・タマネギ・ゴボウ・ニンニク等)

食物繊維をたくさんふくむ食材…根菜類(ゴボウ・ニンジン・カボチャ等)、海藻類(ヒジキ・モズク・昆布等)、豆類(大豆・枝豆等)、キノコ類(マイタケ・シメジ・エノキ等)、白菜、キャベツ、サツマイモ、サトイモ、コンニャク、ホウレン草
 

スポンサーリンク


 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す