ニキビの原因

動画版の記事はコチラ ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=K1_b6Hgxnhc
 


ニキビには大きくわけて、思春期ニキビ大人ニキビ の2つがあります。
 

双方のニキビに共通する原因は「毛穴に何かががつまる事でアクネ菌という菌が過剰繁殖し、その過剰繁殖したアクネ菌を白血球が攻撃する事」 です。
 

アクネ菌とは…

ニキビの原因であるアクネ菌は表皮常在菌といって有害な菌やウイルス等から肌や体をまもっている菌であり、本来は人体にとっては有益な菌であります。
 

ただ、これが増殖しすぎると、白血球がこれを攻撃する事で炎症がおき、その結果、赤くはれたりして、「ニキビ」という症状がでてくるのです。
 

スポンサーリンク


そして、この赤くはれたニキビ「赤ニキビ」の状態からさらに悪化すると、炎症によって化膿してしまい、炎症部分に膿がたまってきます。

それが「黄ニキビ」といわれる症状です。
 

また、この アクネ菌という菌は適度な高温度・高湿度な環境と皮脂が好物で、酸素をきらう性質をもちます。

ですので、つまった毛穴の中というのは空気も入らず、適度な高湿度・高温度で、エサである皮脂も不足なくあるので、アクネ菌にとってはつまった毛穴の中は非常に心地よい環境であり、繁殖に非常に適した場所 なのです。
 

ニキビを解消するためには

ニキビの根本的な原因は「毛穴に何かががつまる事でアクネ菌が過剰繁殖し、その過剰繁殖したアクネ菌を白血球が攻撃する事」です。

なので、単純にかんがえて、ニキビを解消するためには「アクネ菌の殺菌」か「毛穴のつまりの除去」のいずれかをすればいいのです。
 

しかし、アクネ菌の殺菌は炎症をおさえるためのその場しのぎの対症療法にすぎず、次にできるニキビをふせぐ事にはなりませんし、アクネ菌の殺菌により別の美容健康面での被害をうけるリスクも高くなります。
 

参考リンク先:アクネ菌の殺菌はニキビの根本的解決法ではない
 

ニキビを長期的に抑制する上で重要な事はこのアクネ菌を殺菌する事ではなく、毛穴づまりを除去する事でアクネ菌の過剰繁殖をふせぐ事なのです。
 

ただし、毛穴のつまりを除去するといっても 思春期ニキビ と 大人ニキビとでは毛穴がつまる過程がちがってきますので、それぞれ個別に対策をしていく必要があります。

スポンサーリンク


 

⇒ 思春期ニキビの原因とその対策

⇒ 大人ニキビの原因とその対策


 

Pocket
LINEで送る


コメントを残す