ニキビに関する記事の一覧

・ニキビの原因(思春期ニキビと大人ニキビに共通する原因)

・ニキビ菌(アクネ菌)の殺菌がオススメされぬ理由

・思春期ニキビの原因とその対策

・大人ニキビの原因とその対策

・薬を使用せず授乳中のニキビを治療するためには

・ニキビ等の肌トラブルと腸内環境悪化の関係

・ニキビ等の肌トラブルとDNA損傷の関係

授乳中に薬を使用せずニキビを治療するためには

産後や乳児への授乳期間中にニキビになったり肌があれたりするという人が一定数いますが、結論からいいますと、その原因は授乳中は下記の状態になりやすいからです。

■ 核酸の不足

■ 腸内環境の悪化

■ エストロゲン分泌量の激減
 

そして、これらを解決するためにはニキビ対策の薬は必要ありません。

なぜならば、ニキビ対策用の薬は核酸を補充したり、腸内環境の改善(乳酸菌等の善玉菌をふやす)をしたり エストロゲン分泌量をふやしたりする効果がない からです。

また、ニキビ対策用の薬の中にはニキビの原因の1つである「アクネ菌(通称:ニキビ菌)」を殺菌する薬もありますが、これは安易に使用しない方がいいでしょう。

なぜならば、アクネ菌は有害な菌やウイルス等から肌や体をまもっている菌(表皮常在菌)である からです。

※ 参考サイト : ニキビ菌(アクネ菌)の殺菌がオススメされぬ理由

という事でここでは薬を使用せずにニキビを治療する方法をみていきたいと思います。
 

核酸の不足

授乳中は核酸不足におちいりやすいのですが、その理由は 乳児にあげる母乳に核酸がたくさん入っている からです。

ちなみに、ニキビ等の肌トラブルの要因の一つに「DNAの損傷」という事象があり、核酸という栄養素はこの「DNAの損傷」を修復する機能を有しております。

※ 参考サイト : カサカサ肌等の肌トラブルとDNA損傷の関係

つまりは、授乳中の母親は核酸不足によって「DNA損傷の修復速度 < DNA損傷の速度」という形式になり、それによりニキビ等の肌トラブルが発症してしまうのです。

⇒ 核酸を多くふくむ食材とは…

 

腸内環境の悪化

実は肌トラブルと腸内環境は密接に関連していて、腸内環境が劣悪だと、肌にも悪影響がでてきます。

簡潔にいいますと、腸内環境が劣悪で、腸内に毒素が充満してると、その毒素を皮膚から強引に排出しようとし、その時に皮膚に様々な悪影響をおよぼすからです。

※参考リンク先 : 肌トラブルと腸内環境の悪化の関係

また、産後・授乳中の母親は普段よりも腸内環境悪化におちいりやすいです。

なぜならば、乳児の育児等に時間をとられ、どうしても自分の食事がおろそかになってしまいがちだから です。

野菜や果物には腸内環境の悪化をふせぐ食物繊維やオリゴ糖といった栄養素がふくまれておりますが、上記のような理由から野菜等の摂取量が減少してしまいます。

また、育児はどうしてもストレスをうけがちになってしまいますが、ストレスをうける事は腸内環境の悪化要因の1つ です。

ですので、産後・授乳中の方は特に上記のような事に注意しながら、腸内環境を意識するようにしましょう。

⇒ 腸内環境を改善する方法とは…

 

エストロゲン分泌量の激減

女性ホルモンである エストロゲンには皮脂分泌を抑制し、肌のバリア機能を強化し、キメこまかい肌をたもつ機能があります

しかし、出産を機にこのエストロゲンの分泌量は一気に減少 します。

それにより出産後や授乳中にはニキビ等の肌トラブルになりやすくなってしまうのです。

ちなみに、イソフラボン・プエラリア・プラセンタ・ローヤルゼリーは「エストロゲン」と類似した化学構造と機能を有していますので、これらの摂取はエストロゲンの補充には有効です。
 

ニキビ菌(アクネ菌)の殺菌がオススメされぬ理由

動画版の記事はコチラ ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=6Tu36UCGKIA
 


結論から先にいいますと、アクネ菌の殺菌はニキビの炎症をおさえるための一時的な対策にすぎず、次回以降のニキビ発生をふせぐ根本的対策になりませんし、アクネ菌の激減により他の健康美容面での被害をうける可能性が高くなったりします。
 

なぜならば、アクネ菌は有害な菌やウイルス等から肌や体をまもっている菌(表皮常在菌)であり?、このアクネ菌を殺菌する事で他の有害な菌やウイルスから害をうける可能性が高くなりますし、アクネ菌は常在菌であるためにどんなに殺菌しても完全にいなくなる事はないからです。

実際に上記のような理由でアクネ菌を殺菌する薬はなるべく使用せぬ方がよいと主張する専門家もいるくらいです。
 

ですので、アクネ菌の殺菌はニキビの炎症がどうしてもツライという場合に実行し、その炎症が一時的におさまってる間にニキビ解消の根本的な対策(毛穴づまりの解消)をするという手法がいいでしょう。
 

参考リンク先: ニキビの原因
 

ニキビを解消する上で重要な事はこのアクネ菌を殺菌する事ではなく、アクネ菌の過剰繁殖をふせぐ事なのです。

そして、アクネ菌の過剰繁殖をふせぐためには毛穴のつまりを除去する事が必要です。

ただし、毛穴のつまりを除去するといっても思春期ニキビと大人ニキビとでは毛穴がつまる過程がちがってきますので、それぞれ個別に対策をしていく必要があります。
 

⇒ 思春期ニキビの原因とその対策

⇒ 大人ニキビの原因とその対策


 

思春期ニキビの原因とそれへの対策

動画版の記事はコチラ ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=QLo1I2ueZrQ
 

ほとんどの人は思春期(13歳~20歳前後)に顔にニキビができてしまいますが、それの主な要因は 毛穴に皮脂がつまる事でアクネ菌が過剰に繁殖するため です( ⇒ 参考ページ「ニキビの原因」 )。
 

もうすこし詳しく説明いたしますと、人の思春期には成長ホルモンが分泌され、その成長ホルモンが多量の皮脂の分泌をうながします。
 

その結果、毛穴に皮脂がつまりやすくなり、アクネ菌にとって好都合な環境ができあがり、アクネ菌が過剰に繁殖してしまうのです。

また、思春期に顔にばかりニキビができる理由は顔には他の部位に比べて皮脂腺が多いからです。

スポンサーリンク

思春期ニキビへの対策

前述のとおり思春期にニキビが発生する事は自然な事ですので、特別問題視する必要はありませんし、20歳頃までには勝手におさまります。

とはいってもニキビは極力おさえたいと思うものですので、一応その対策をのべていこうと思います。
 

■ 糖質の過剰摂取や脂っこい物の摂取は可能なかぎり回避する


油脂分の多い食品(揚物やバター・チーズ・生クリーム等がたくさん使用されている食品)を摂取すると、血液中の中性脂肪が増加します。

血液中の中性脂肪が増加してしまうと、皮脂腺から皮脂が分泌される量が増加し、皮脂が毛穴につまりやすくなり、結果ニキビにつながってしまいます。

また、糖質は過剰に摂取すると、分解されずに脂肪として体内に蓄積されてしまう物がでてきます。

体内に脂肪が蓄積されると、皮脂の分泌が促進されてしまい、ニキビができやすくなってしまいます。

ですので、糖質の過剰摂取を油脂分の多い食品の摂取はなるべく回避するようにしましょう。
 

スポンサーリンク

■ 洗顔をしすぎない

過剰に洗顔をすると、必要な皮脂まで流れてしまうので、逆に体は皮脂をたくさん分泌して、乾燥した肌をまもろうとします。

ですので、1日に何度も洗顔はしないでおきましょう。
 

■ 腸内環境の改善


これはあまりご存じない方もけっこういるかもしれませんが、実は腸内環境とニキビは大きく関係しており、腸内環境が悪化すると、ニキビが出現する等して、肌に悪影響をあたえます

これはどういう事かといいますと、といいますのも、腸内に有毒物質が多量にあり、腸内環境が悪いと、尿や便として完全に体外に排出しきれなかったり、肝臓で解毒しきれず、それが血液を通じて、全身にまわり、その有毒物質が皮膚を構成する細胞にダメージをあたえるからです。

※参考リンク先 : 肌トラブルと腸内環境の悪化の関係
 

■ 活性酸素等によるDNA(遺伝子)の損傷

ニキビの原因としてはあまり存じられてないかもしれませんが、DNA(遺伝子)の損傷もその1つです。

ただ、思春期ニキビにこれが関係している事はあまり多くはありませんので、思春期ニキビの場合は参考にとどめておく程度でいいでしょう。

スポンサーリンク


 

参考リンク先 : ニキビとDNA(遺伝子)損傷の関係

 

大人ニキビの原因

動画版の記事はコチラ ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=tOyNB8OHfq0
 

大人ニキビの原因



結論から先にいいますと、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)等の皮膚を正常に構成するという作業をうまくできなくなる事が大人ニキビの直接的な要因であります。
 

それにより肌が荒れたり、肌が乾燥したような状態になったり(カサカサ肌)、本来排出されるハズの物(古い角質など)がたまって、それが毛穴をつまらせ、ニキビを誘発させます( ⇒ 毛穴のつまりとニキビの関係 )。
 

で、その「皮膚のターンオーバー(新陳代謝)等の皮膚を正常に構成するという作業」をうまくできなくなる要因に 腸内環境の悪化活性酸素等によるDNA(遺伝子)の損傷 があります。

スポンサーリンク




 

⇒ ニキビ等の肌トラブルと腸内環境悪化の関係

⇒ ニキビ等の肌トラブルとDNA損傷の関係


 

ニキビの原因

動画版の記事はコチラ ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=K1_b6Hgxnhc
 


ニキビには大きくわけて、思春期ニキビ大人ニキビ の2つがあります。
 

双方のニキビに共通する原因は「毛穴に何かががつまる事でアクネ菌という菌が過剰繁殖し、その過剰繁殖したアクネ菌を白血球が攻撃する事」 です。
 

アクネ菌とは…

ニキビの原因であるアクネ菌は表皮常在菌といって有害な菌やウイルス等から肌や体をまもっている菌であり、本来は人体にとっては有益な菌であります。
 

ただ、これが増殖しすぎると、白血球がこれを攻撃する事で炎症がおき、その結果、赤くはれたりして、「ニキビ」という症状がでてくるのです。
 

スポンサーリンク


そして、この赤くはれたニキビ「赤ニキビ」の状態からさらに悪化すると、炎症によって化膿してしまい、炎症部分に膿がたまってきます。

それが「黄ニキビ」といわれる症状です。
 

また、この アクネ菌という菌は適度な高温度・高湿度な環境と皮脂が好物で、酸素をきらう性質をもちます。

ですので、つまった毛穴の中というのは空気も入らず、適度な高湿度・高温度で、エサである皮脂も不足なくあるので、アクネ菌にとってはつまった毛穴の中は非常に心地よい環境であり、繁殖に非常に適した場所 なのです。
 

ニキビを解消するためには

ニキビの根本的な原因は「毛穴に何かががつまる事でアクネ菌が過剰繁殖し、その過剰繁殖したアクネ菌を白血球が攻撃する事」です。

なので、単純にかんがえて、ニキビを解消するためには「アクネ菌の殺菌」か「毛穴のつまりの除去」のいずれかをすればいいのです。
 

しかし、アクネ菌の殺菌は炎症をおさえるためのその場しのぎの対症療法にすぎず、次にできるニキビをふせぐ事にはなりませんし、アクネ菌の殺菌により別の美容健康面での被害をうけるリスクも高くなります。
 

参考リンク先:アクネ菌の殺菌はニキビの根本的解決法ではない
 

ニキビを長期的に抑制する上で重要な事はこのアクネ菌を殺菌する事ではなく、毛穴づまりを除去する事でアクネ菌の過剰繁殖をふせぐ事なのです。
 

ただし、毛穴のつまりを除去するといっても 思春期ニキビ と 大人ニキビとでは毛穴がつまる過程がちがってきますので、それぞれ個別に対策をしていく必要があります。

スポンサーリンク


 

⇒ 思春期ニキビの原因とその対策

⇒ 大人ニキビの原因とその対策