はじめに

当サイトでは 可能なかぎり薬や化粧品や高額な商品を使用せずに、より安価な商品(主に飲食品等の栄養補給品)でより多大な美容・健康面での効果を手にする ための情報を記載していきたいと思っております。

私は 薬や化粧品を使用せずに自分自身でとある美容健康面のトラブルを解決した経験 から先にそういった物に手をださず、まず先に食事・栄養面での改善をして、それでもどうしてもそういったトラブルを解決できない場合に薬・化粧品に手をだすという形式にした方がコストパフォーマンスがいいのではないかと思っております(はやい話、優先度は「食事・栄養・日用品等 > 薬・化粧品」 )。

そういった事もあり、当サイトでは主に500円~1500円程度の安価な商品を紹介しております(薬なんかより断然安いと思います)。

もし、このサイトを購読された方で「●●の症状を改善するには★★という商品ではなく、▲▲という商品の方が安価だし、効果が大きいんじゃなか」等というような情報がありましたら、遠慮なく提供していただけるとありがたいです。

私自身が実際にその商品をためしてみて、コストパフォーマンスがよいと判断しましたら、そういった情報も当サイトに記載していこうと思っております。

このサイトに記載されている情報を活用する事によって一人でも「以前より出費が激減した上により大きな効果をえられた」という人がいましたら、私はうれしく思います。

それではよろしくおねがいします。

⇒ 当サイトの運営者プロフィール

肌トラブルの主要因と対策


肌の吹出物(大人ニキビ)・肌のカサつき(乾燥肌)・湿疹(皮膚炎)といった肌荒れ等の皮膚の疾患の原因には下記のようなモノがあります。
 

①栄養不足

②DNAの損傷

③腸内環境の悪化

④外部要因(菌類や異物の付着)
 

栄養不足

これはご存知の人も多いでしょうが、肌の構成には十分な栄養が必要不可欠です。

授乳中に肌トラブルがおこるとよく耳にしますが、その理由は赤ちゃんに母乳をあげるからです。

授乳中の母親は赤ちゃんに母乳をあげるためにどうしても栄養不足になりがちで、それが原因で肌トラブルはもちろん、それ以外のトラブルにもなりやすいのです。

ですので、そういったトラブルを解消するために特に授乳中の母親は十分に栄養を摂取する事が大事です。
 

以下の栄養素が肌質をよくしたり肌の構成に必要な栄養素ですので、こういった栄養素を積極的に摂取するようにしましょう。
 

・亜鉛(牡蠣、豚レバー、豚肉、牛肉、イワシ、パルメザンチーズ等)

・ビタミンA(レバー類、生クリーム、卵黄、イクラ、ニンジン、カボチャ、ニラ等)

・ビタミンC(ピーマン、レモン、キウイ、めんたいこ、イチゴ等)

・ビタミンE(アボガド、ハマチ、カボチャ、赤ピーマン、アーモンド等)

・タンパク質(肉・魚・卵・豆類等)

・コラーゲン(鶏軟骨、フカヒレ、豚足等)

・エラスチン(手羽先、軟骨、牛すじ肉等)

・鉄分(ヒジキ、卵黄、レバー類、納豆、ホウレンソウ、コマツナ等)

・イソフラボン(豆腐・納豆・きな粉等の大豆加工食品)

・レシチン(豆腐等の大豆加工食品、卵黄、ピーナッツ等)

・水分
 

DNA(遺伝子)の損傷


これはご存知ない人が多くて、あまりピンとこないかもしれませんが、実は肌の老化にはこれが強く関係しております。

そもそも「DNA(遺伝子)とは何?」とか「それと肌トラブルがどう関係あるのか?」と思う人が多いと思いますので、それを説明していきます。

DNA(遺伝子)というのは簡単に言いますと、非常に精密にプログラムされた生物の設計図のようなものであり、肌に限定した話をすると、肌(皮膚)を正常に構成する機能を有しております。
 

※参考サイト : 肌トラブルとDNA(遺伝子)損傷の関係
 

つまり、このDNA(遺伝子)が損傷しているかぎりは、いくら肌の構成に必要な栄養素を摂取しても肌の老化が解消されにくいのです。

ちなみに、このDNA(遺伝子)の損傷を修復するためには核酸という栄養素の摂取が有効ですが、この核酸は普段の食事からもなかなか摂取しにくく(核酸が多量に入っている食品が少ないため)、特に授乳中の母親はこの核酸が不足しがちになりやすいので(赤ちゃんにあげる母乳にはこの核酸がたくさん入っているため)、授乳中の母親はどうしても肌トラブルに遭遇しやすいのです。

ですので、ミネラル・コラーゲン・ビタミンといった肌の構成に必要な栄養素を摂取しても一向に肌トラブルが解消されないという場合はこの核酸という栄養素を摂取するようにしましょう。

ミネラル・コラーゲン・ビタミン等と核酸とでは核酸の方が普段の食事からは摂取しにくいので、個人的には先にこの核酸の摂取からはじめた方がいいと思っております。

また、核酸は疲労感や体のダルさの解消にも効果的ですので、それを強く感じている方はそれの対策の意味もこめて、核酸を摂取するようにするといいでしょう。

⇒ 核酸を多くふくんでいる食材


 

腸内環境の悪化


先ほど解説した遺伝子の損傷と同様にこれもあまりピンとこないが多いかもしれませんが、実は肌と腸内環境は大きく関係しており、また、産後や授乳中は腸内環境が悪化しやすい傾向があります。

といいますのも、産後・授乳中は 育児でストレスをうけたり、育児におわれる事で自身の食事がおろそかになってしまう(食生活がみだれる)傾向があったり、母乳を乳児にあげる事によって母親自身が栄養不足になりやすい 傾向があるからです。

ですので、産後・授乳中に肌トラブルがヒドくなったという方やそこではじめて肌トラブルに遭遇してしまったという方はこの腸内環境の改善も視野に入れましょう。

⇒ 腸内環境が悪化する要因とその改善方法


 

④外部要因(菌類や異物の付着)

菌などの異物が皮膚に付着する事でその異物を外部に追放しようとして、かゆみが生じます。

水虫がその代表でしょう。

この場合はその異物を除去する事でこれらの症状を改善させる事ができます。
 

ちなみに水虫は薬で治す事が一般的とされてますが、実は薬よりも安価な方法で治す方法があります。

その詳細は コチラのページ をご覧ください。
 

運営者のプロフィール

名前 : マーク

誕生年: 1986年(昭和61年)

在住地 : 大阪府大阪市

出身地 : 大阪府大阪市

趣味 : パソコン・情報収集・カラオケ・人間の闇の一面や弱い一面をみる事(汗)などなど
 

このサイトを作成しようと思った目的は自分自身が実践した安価で健康や美容を手にする方法をたくさんの人にしってもらいたいと思ったからです(正直いって、ビジネス目的であるというのもありますが、汗)。
 

私自身は過去にある部位にすこし重度なアトピー的なカサカサ肌の症状ができていて、病院に行ってはステロイド剤をもらって、それをアトピー部位に塗布するというごくありふれた一般的な方法をくりかえしてましたが、コストがかかるので、困惑しておりました。

そこで、一度自分でインターネットや本で色々としらべた結果、「アトピーやカサカサ肌は腸内環境の悪化やDNAの損傷が関係している」との情報を目にしました。

この情報をもとにさらに検索をつづけた結果、ついに医者や薬を利用せずに 食事や栄養面の改善により自分の体からアトピー的なカサカサ肌・湿疹を撲滅させる事に成功し、そのうえ毎冬かかっていた手荒や顔等のできものも消滅させる事にも成功 しました(この時はまさか冬の手荒や顔や尻等のできものまでも消滅するとはよい意味で完全に想定外でした。 ちなみに、それにかかった日数は1週間程度で、コストはわずか約600円)。
 

ただ、その時に一つの疑問が思いうかびました、「なぜ、医者や美容品製造会社はこういった事を言わないのだろう…?」と。

その後日、友人との雑談やネットでみつけた情報からある一つの結論がでました。

「彼らは自分たちの権益を最大化させるために自分たちにとって不都合な事を隠匿し、自分で積極的に情報収集をしようとしない人間をうまく言いくるめて、彼らからたくさんのお金を搾取しようとしている」(まぁ、医者とかだけではなく、人間誰だってそうでしょうが…)

※ウソを言った上でお金を徴収すると詐欺罪という犯罪行為になりますが、ウソを言わない状態である事をかくした上でお金を徴収する事は犯罪行為に該当しません。 実際に医者はこういう事を言ったりします、「このステロイド剤をぬってれば、かゆみはとまります」と。 この事はウソではありません、かゆみの根本的原因を除去せず強引にそれをとめてるだけですけどね。 それに、「このステロイド剤でかゆみの根本的な原因を除去する」とは一言もいってませんからね。

アトピー等のカサカサ肌だけではありません、風邪だってそうです。

風邪は本当はスーパーやコンビニで調達できるカイロで500円もかからずに治癒させる事ができるのに、医者はそういった事は言わず(私の場合はセール時に10枚単位で購入するので 200~300円くらい)、1000~2000円程度の風邪の症状を無理やり抑制する薬を処方します(風邪の症状であるセキや鼻水は強引にとめるのは体にとってよくありません。 なぜなら、セキや鼻水等はウイルスや細菌が体内に侵入する事をふせぐための防衛反応であるから)。

⇒ 医者・薬を利用せずに500円以内で風邪を治療する方法
 

こういった私自身が健康・美容面のトラブルを薬は極力使用せず、基本的には食事・栄養面で低コストで解決した経験等をこのサイトに記載しました。

このサイトに記載されている情報を活用して、健康・美容面のトラブルを低コストで解決できたという人が一人でもいましたら、私はうれしく思います。

あと、当サイトでは基本的には医療・美容業界が意図的に隠匿してるであろうと思われる事を記載してるサイトですが、日本国政府や各都道府県の高官らがわざと隠匿してるであろうと思われる補助金・助成金・還付をうけられる税金(多数の人がしると、税金の出費がふえるため。 そして、彼らはそれをしっていて、税金が自分らの所に行くようにしている)の情報は下記の本にのってあります。

   

それでは、何卒よろしくおねがいします。